About Us


 

女性店長が接客やお店全般のこと、男性オーナーが焙煎や裏方作業を。JalanJalan Coffee&Moreは気ままで元気な夫婦2人でやってるお店です。

2人とも大の旅好きで「海外に関われる仕事がしたい」という思いがあって、好きだったコーヒー&現地で食べたり飲んだりして美味しかった食べ物、気になった雑貨を輸入して販売しよう、と2002年5月に開業しました。

元ゲームデザイナー&OLでショップ運営はまったくの畑違い。素人夫婦が当時の若さと勢いで始めたお店ですが、おかげさまで開店から22年目の年を迎えることができました。今では3代で通ってくださるお客様もいらっしゃいます。たくさんのお客様とご縁に恵まれて本当に感謝いたしております。「じゃらんじゃらんが無くなったら困るから長く続けてね」といわれるのが嬉しいです。

現在は健康の維持を考える年齢になり、自分たちが試してよかったナチュラルでヘルシー系の食料品も多く取り扱うようになっています。今後ともよろしくお願いいたします。

・ブログ【じゃらんじゃらん20歳・いろいろありました記録】

・山形経済新聞に掲載されました【七日町の「じゃらんじゃらん」が20周年 自家焙煎コーヒー豆など提供】

 

じゃらんじゃらん 中の人

 

店長 1969年 東京都生まれ (店舗での接客がメインですが、渉外、経理、商品発注も担当しています)
中・高・短大と東京の女子校で卒業後丸の内OL(#^^#)として某大手企業に庶務や経理として勤務。その後外資アパレルに転職、渋谷と原宿にある旗艦店と池袋の店舗でセールスアソシエイトとして働いていました。そして今はじゃらんじゃらんの仕事とガチ体育会高校生男子の母の両立でドタバタな毎日です。息子の試合応援で知らない土地や場所に行くのが楽しみ&そんな旅先で見知らぬ景色の中を走る旅ランが好きです。お酒は週1~2回。あと昔、講談社の学習図鑑「タンポポ・ヒマワリ」とか「アブラナ・ヘチマ」だったかな?に載っていたことがあります。見たことある人いるかも~(笑)  

・・・『明るくて裏表がない性格で良い意味でピュアな人だと思います』byオーナー

 

オーナー 1968年 山形市生まれ(バイヤー、焙煎、他裏方業務を幅広く担当)
大学後、上場大手エンタメ会社で海外市場向けゲームデザイナーとして約10年間海外を駆け巡ってました。脱サラしたこの20年でアジアに通い詰めていたので英語よりインドネシア語の方が喋れるように(笑) 40年前くらいの中2の頃にプログラムを覚えゲーム制作コンテストに応募したら全国5位になって賞金をもらったり、当時手計算だったスキー大会の順位を即座にソートするプログラムをマイコンMZ-700(知ってますか?)で作って報酬をいただいたり、長くやっているルアー釣りは雑誌に記事を依頼されたりメーカーのアドバイザーも経験、スキーは学生時代インストラクター、船舶操縦etc..興味のあることは何でもそこそこできるんですが…外国人の友人に“Mr.UNDERRATED”と呼ばれてます😅 人生そこそこ楽しければ「ま、いっか」って感じです。性格は寂しがり屋だけどつるむのが苦手。どこに行っても”あまりいないタイプ”って言われるのでちょっと変わり者かもですね。信条は『信念は曲げない。曲げるのは釣り竿だけ。』

 

 

※過去の買い付け旅の様子なども入ったblogです。こちらも良ければどうぞ https://jalanjalanshop.blogspot.com/